男性

エアコン工事会社のフロン漏洩防止点検|最新濁水処理機器の利点

処理コストを削減できる

メンズ

工事現場や工場経営によって発生する排水は、多くの会社にとってどのように処理すべきか、悩むものでしょう。工事や工場で排出される排水には、環境に大きな影響を与える汚染物質が大量に含まれています。河川に勝手に流してしまうことはもちろん、下水に流すことも禁止されているので、排水の処理は専門の処理工場などに依頼する必要があります。しかし、こうした排水は毎日大量に出てしまうので、全てを処理工場に依頼してしまうと処理費用も莫大なものとなってしまいます。多くの会社では自前の浄水槽に排水を入れ、濾過を行なうことで処理を行なう排水の量を減らすことで対処しますが、長く使っていると濾過機能も下がってしまうため、日々のコストが負担となります。濁水処理を行なえる最新の機器を導入することで、高い濾過機能によって処理の負担を下げることができるでしょう。

最新の濁水処理機器は、特殊な粉末凝集剤を使用して処理を行ないます。従来の浄化槽では、排出された排水を一旦タンク内に貯め、上澄みの部分を濾過した後に底に溜まった高濃度の濁水を専門の会社に回収してもらうことで処理を行ないます。しかし、凝集剤を使った濁水処理であれば、この高濃度の濁水もさらに処理をすることができます。凝集剤が濃度の高い濁水を吸収することで、処理が困難な濁水でも問題なく処理ができます。濁水を吸収した凝集剤は処理を行なう会社に回収してもらう必要がありますが、今までよりも量をコンパクトに抑えられるので、回収してもらう回数を減らすことでコスト削減ができるのです。この濁水処理機器ならば、底に沈殿する汚泥なども吸着するので、浄化槽も清掃がしやすくなるなど多くの利点が得られます。